2017年7月23日 (日)

とら(=^_^=)ニャこの体勢じゃないと食べられなくなってる・・・本能だけ

八景島

マラソン大会中・・・

日曜日に思う 毒づく

愚痴日記です。いいこと書いてません
子どもが男のコ女の子みんなでお出かけに行った
いいな〜
大人になるとそれができなくなる
痛感した
恋人同士じゃなく
友達としてワイワイと
気の合う同じ気持ちの仲間が集まって
それがこんな難しいとは…
私はたまに男友達(と思ってた)に連絡してました
元気〜?彼女できた?まぁこんな感じ
その人は違う人に
もやおからいろいろ探られてるんだよね〜と言ってたそう。
はぁ〜さぐってねーわ!普通の世間話だわ暇つぶし!
勘違いもはなはだしい!
なんでそんな発想になるかな。田舎モンが!
自意識過剰にも程がある
違う男友達(と思ってた)に久々連絡とってみたら
変ないやみなおっさんになってたし
奥さんに相当やり込められてるな
離婚出来なかったんだ
連絡するのが遅すぎた
闇がすごい
もう1人は未読無視(笑)
田舎臭い辛気臭いし
まじこっちが病むわ
弾けるような男友達が欲しい

2017年7月22日 (土)

【前編】白馬岳登山・不帰嶮敗退記


先週末は今年に再チャレンジを誓っていた不帰嶮を目指して北アルプスへと行って来ました。
会社が四連休だったので、
金曜日に前日入りして栂池高原からロープウェイに乗って一気に標高1840m弱まで上がります。
下界の白馬村は晴れていましたが、
天上界は残念ながら曇りです。雨が降っていないのが幸いですが、ムシムシした中の樹林帯を登っていきました。
樹林帯から抜け出ると、
天狗原(てんぐっぱら)という開けた場所へと出ます。
ここはよく整備されていて木道を歩いて行くことが出来、景観も綺麗で気持ちよく歩くことが出来ました。
木道が終わると、斜面が見えて雪渓を歩いていくことになります。
この雪渓が何ヵ所かあり、最後の大きな雪渓はアイゼンが無くても歩けますが、あるとより安全に歩けました。
雪国育ちの自分はわりと普通に歩いていきましたが、周りの慣れていない?人達はかなり苦戦しているように見えます。
雪渓が終わると、広大なハイマツの中を歩いていきます。
その最に白馬乗鞍岳の頂上の表示がありました。
広大な平地の中に山頂の看板があり不思議な感じでした・・・
つづく

2017 夏ドラマ 第2週。

 全体に「整って」いながら、やっぱりどこかいま
 ひとつ痒いところに
 手が届かない印象の夏ドラマ、
 
 ですが、
 出来栄え以前に、民放ドラマの「スター・システム」が気になりました。
 「黒革の手帖」はまさに武井咲のために全てが編まれた
 、全てが武井咲に都合よく進むドラマ、
 これは「カンナさーん」も同様、
 渡辺直美中心の、周りが振り回されるドラマ、
 これらのスター・システム・ドラマは
 かつてのスター映画も同様、出来栄え云々より、
 結果としてドラマそのものは
 平板な展開にしかなりません・。
 それで言えば「過保護のカホコ」も
 高畑充希の演技ありきのドラマ、
 2回目は久保田紗友を相手にするも、
 その明確なドラマ的対立もまた
 このドラマのどこか限界が現れているように見えます。
 他の警察ドラマも取り立てて言うべきところは
 ありません・・
 NHKの「悦ちゃん」も比較的丁寧ながら、
 最良のNHKドラマのような飛び抜けた
 ものが見えてきません。
 女優陣に対しては、変化球が求められるも、
 何か見ていてしっくりこないのは、
 どこかこうし女優たちに対する
 逆差別的なものを感じるからでしょうか。
 男優に関してはほとんど見守りタイプか
 ダメタイプ、と、正義の警官タイプ、
 と類型に収まります。
 特にお父さん的ナレーションが多いのも
 今回の特徴でしょうか。
 展開として穏当に進む
 「ひよっこ」が父親を求めるドラマであるように、
 こうしたナレーションもまた不気味な父親的声が
 屈折・変形する女優陣を覆います。
 そうしてみれば精神分析的には興味ふかい
 今期ドラマの展開とは言えるのですが、
 振り返れば「警視庁いきものの係」が
 何かマイペースに爆発していくことを
 今までのところで見ると、期待しつつ、
 今期残りの新ドラマにも期待は募ります。
 

水蜜桃の思ひ出


ホントは、そのモモが水蜜桃かどうかは知りません・・・ でも、水蜜桃が到来して、今年最初の桃を昨日呼ばれ、その甘さに、モモを育てられた農家の労苦が偲ばれました。
船舶砲兵第2聯隊。
米軍が比島に接近する中、ちょうど今頃でしょう、大本営が大量の兵員と物資をバシー海峡を南に渡して、また、たくさんの輸送船が米潜水艦に雷撃され、多くの戦死者が出たのですが、その中を逆に、パナイ島イロイロ市から宇品に向け帰還していく部隊がありました。
それが、船舶砲兵第2聯隊、宇品上陸後、広島市から福山市に展開し、高射砲陣地など防空任務に就きました。 
しかし、各陣地は発砲を禁じられていました。 こんな発砲禁止はどうも各地で命令されていたようです。 埼玉県熊谷市に展開した高射砲部隊でもそのようなことを。
ともあれ、この桃の季節に、ある兵が部隊間連絡のために移動中、対空陣地を通りかかりました。 正確には、対空陣地跡と言うべきでしょう、なぜなら、空爆により壊滅し、戦死者が出ていたからです。
目の前を飛ぶ、あるいは、乱舞する星章の機に思わず発砲してしまったのだろう、と言うことでした。 米空軍は戦術的に戦闘爆撃機という諸元の航空機材を運用するような印象です。 この時期、この戦域でも、対空陣地が潰されたわけです。。。
モモが供えられていたそうです。。。
おそらく対空陣地の指揮官や兵はセンチを引揚げてきたことのない、若い将兵であったのではないでしょうか…  だから、眼前の星章を見て、已むにやまれずに発砲した。 そして、壊滅した・・・
それから、しばらくして、8文字の呼び出し符合を持ち、単機で行動するB29が晴れた朝にヒガシから飛来し、0815頃に島病院付近高度約600メートルの上空で炸裂した・・・
ももの汁を吸うた時に脳裡に浮かんだ記憶です。 その光景を目撃した兵も今はこの世のヒトではありません。
強い日差しの中、クマゼミが天にも届くような勢いで泣いています。 よく晴れた日です。

2017年7月21日 (金)

自分で選択を見る

自分で選択を見る
前回のブログ3の力は、
その内容からか難しいという声もあったけど
色んな方面の方から面白かったと結構評判良かった。

物理的にも納得した
仏教でも同じこと言ってるね
日常を三つでみると面白い

などなど。

3の力

その中で、自分の意思で体験できるのは、
生きるという行為だけ。

産まれることは、自分では決めることは出来ない。

死ぬことは、自分では決めることは出来ない。
そして、この生きる体験の中で、
いつも何かの選択を続けている。
では、この選択は全て自分で行ってきてるのか?と
思う事が今年に入って、どんどん出てきている。
4月のブログ神の手と会う

でも書いたけど、今年は大きな手術を体験することになったのを
皮切りに治療や手術と言った体のメンテナンスを行う事が
自分の予定に入ってきた。
体のメンテナンスは、自分でなかなか決めて行えない。
目立った事が自覚できてないとついつい後回しになってしまう。
特に医療関係者からは、その実情は説明されても
選択は、こちら側に投げられる。
今の現状は、急を急がないけど対応は早い方が良いですよ

数値は、ボーダーを超えてないので良くも悪くもないです

悪くなる可能性は、良くなる可能性と半です

という感じで、

じゃあ、どっちなんや!?
医療関係者の方と話をしていると
選択をするのは、本人なので医者は
その可能性を説明するだけらしい。

まあ、流れを見てると明らかに自分の人間性を
改めて健康から見直す時期なんだなあと感じる。

次に展開が出てきそうなのが、
今までの人間関係を見直すような
出来事がチラホラと出てきている。
ということは、やっぱり
今までもそうだったけど、

人間性
社会性
経済性
自然性
芸術性
精神性

と6つの性質を磨いて、整えるための体験は、
ずっと続いている。

そして、ここまでハッキリと出てくると、
大きな転換期であることは嫌でもわかってきている。
この時に必ず行っているのが、
選択
しかし、この選択は、すべて本当に自分が行っているのかと
思うと今の社会で行う選択は、どうなっているのかと
いう思いが湧き出てきた。
今の社会では、
同じ教育同じ環境同じシステムの中で
選択をさせられるというのが正しいとされている。
学校教育では、考えと行動が人と同じであることが前提条件で、
その中で順位を競う。

その後に同じ社会システムで生活し、消費第一主義の中で
大きな消費が出来る経済性を持つ者が、
現在社会の成功者として賞賛される。

まあ、

要するに金持ちが一番偉い!

ということ。
う〜ん。。。
本当にそうだろうか。。。

お金持ちだけが、自由な選択をして幸せになっているのか?

ここは、非常に疑問が出てくる。
TV番組でも金持ち特集セレブ特集などと
本人が出てきたり、家を紹介したりしているが、
それって本当に要る?って見えるモノばかりを
皆さんは番組内で紹介している。

それに、、、
今世間をYOUTUBEで騒がせている芸能人の方も
女優で投資家で、豪邸もあり、
資産も100億円とか言われているが、
現状を見ていると自由な選択を
して幸せになってるようには見えない。

選択に必要なのは、何か?

お金?地位?名誉?自由?責任?

私たちは、選択の自由を持っているが、
選択の責任を持ちたく無いので、
誰かに決めて欲しいと思っている。
自由が欲しい〜と叫びながら、
責任取りたくない〜と同時に叫んでいる状態。
だから、
自由と責任を同時に持っている人を見ると
羨ましい気持ちと悔しい気持ちを同時に持ち、
興味が湧いてくる。
自分の持っている選択の自由を知り、活かすには、
何を選んでも、それは意識的であり責任を持って
選んだモノなのかを自分に問う事が、
大切な行為になってくる。
自分への確認やね!
その時に
選択に理由を求めている場合は、
自分以外の外的要因を必要としていて、
何か納得するための
その理由となる物語を求めている。

これは、誰かに決めて欲しいことの表れ。
つまり

だって、って書いてあるからとか

になるためには必要とか

を解消するためって聞いたのでと

自分以外の誰かから伝えられたことを受け入れないと
今の社会では認められられないかもという
大きな恐怖感から選択をしている。

選択の自由に気づくときは、
インスピレーションから選んでいる時。

直感。感覚的と言った説明はつかないが、
その選択を行うのは、最も自然なことであり、
無理なく受け入れる事ができる。

ワクワクすることやドキドキすることは、
感覚的なことなので、自分にしかわからない。
これがインスピレーション。

でも、この時に与えられる選択によくあるのが、

自分では選ばないような難しいモノ。

今を手放してから進むような厳しいモノ。

今の社会では外れているようなチャレンジなモノ。

という風にその人の心の中にある大切な想いは、
その人にしか、その価値はわからない。

本当はそれこそが、人生の目的とつながる自由な選択
なんじゃ無いかなぁ。

まあ、選択を意識的にみる癖をつけていれば、
どんな選択をしても自分にとって、良い選択をしていると
自信持って生きる事を体験し続けれると思う。
それと
自分の選択を意識的にみるようにすると
今の社会システムが推奨する消費第一主義が
変わってくる。
今、自分が持っているモノを見直したり、
今、自分が買おうとしているモノを見直す時に
選択が変わってくる。
社会のシステムに合わせて、購入するのか?
自分の人生を作っていくために購入するのか?
自分の購買意欲は、何のために沸いてるのかを
意識的にみるようになると楽しい人生を作るのは、
一体なんなのかが見えてくる。
今回のブログを書いてて、
品川や渋谷などを行き交う人たちを見ていると
それぞれの人が毎日、何かの選択をしてここに居ると
深い想いになってくる。

そのすべての人たちの今の選択が重なり合って、
自分の目の前に広がっている。
かけがえのない今は、すべての人の今が
重なり合って、広げらる壮大なドラマの連続なんだと思うと
なんだか感慨深い。

というのが、

本日の三千大千世界を生きる私へのメッセージ

LINEで質問募集や音声配信など
何かと情報発信中です
週一メッセージもLINEにて配信中。


LINE登録はこちらから

雅妙晴のメッセージや情報が、届きます。
LINEのIDgamyousei


Copyright雅妙晴AllRightsReserved
すべての文章は著作権法により保護されています。

ブログ、メルマガ、Twitter、facebookなどメディアへの引用、転載は可能ですが、
引用元を明記の上

その他のキャストは、堀内敬子、松岡充、

その他のキャストは、堀内敬子、松岡充、大原櫻子、趣里、戸塚祥太、永瀬匡、平泉成、仁科亜季子、片桐はいり、杉本哲太ら。

MATSULOG随時更新中。

アメブロとは別のブログ

MATSULOGを随時更新しています。
こちらでは、基本的に

髪のお悩み解決その他ヘアの相談アンサー記事

を中心に書いています。
時には、どうでもいいことも書きます。

松下のハマっていることなど
是非、お時間のあるときに覗いてみて下さい。
最新記事はコチラから。


MATSULOG

2017年7月20日 (木)

コメント返信とメッセージについて

いつも長文におつきあいありがとうございます。

コメントの返信についてですが、返信機能に使いづらさを感じており、返信もれがないかいつも心配で心配でたまりません。
コメントの返信もれで不快な思いをさせてしまった方、ごめんなさい。
アンチのコメントも含め、せっかくいただいたものにはすべて対応したいと思っていますが、なんせ使いづらくて、うっかりもれてしまうことがあるかもしれません。
特定のコメントに対して、不快に思ったからという理由でスルーすることは絶対ありません。お手数でなければ、再度コメントください。
自分の気持ちの整理のためこっそり始めたブログでしたが、一方的な発信のはずが今では多くの方からコメントでお話しを聞かせてもらい、いろいろ学ばせてもらっています。
何度も言ってますが、この先私は制御不能に陥り、恐ろしい言動を繰り返すようになります。自分の感情のコントロールは、リアルタイムの今でも私の大きな課題です。
期待は持たずに、お時間ある時におつきあいいただければ幸いです。
アメンバーの申請をいただきますが、私自身、アメブロの仕組みをよく理解しておりません。承認と押してお返ししていますが、失礼があればお知らせください。
同じ悩みを持つ方からのメッセージ等もいただき、どうせなら少しはお役に立てる情報も提供したいと思っていますが、今のところアメンバー限定公開はしないつもりではいます。
私自身、ずっと読み進んだブログで突然限定記事がでてきて、急いで申請したものの承認されなかったことがあってがっかりしたことがありました。

もうひとつ。メッセージの機能については、つい先日まで存在すらも知らず、いただいておきながらずっと返信できずにいた方、大変失礼いたしました。ただこちらのチェックは時になりそうです。

このブログは自分が実際に経験したことだけを、そのまま綴っています。名前や具体的な名称はすべて仮名です。個人の特定につながる部分は、少し工夫が入っていますが、基本的な流れや内容はすべてそのままです。オットやアユラの職業はわかりやすい仕事なので、大きなアレンジ入っています。
なんにも考えずに、そのままをすっごい勢いで、カチカチカチっと打って、ほとんど読み返さずそのまま投稿しています。読み返すことで迷ったり、悩んだりするのがイヤだからです。たいたい3日に一度くらい半日かけて10回分の投稿を書き上げています。すごい速さだと思いますよ笑
そのため、多くの誤字や中には意味不明な文章もあるかもしれません。
お許しください。

«忍びの国を見る前の心構えについて